イグアナのフカセ釣り

道具も揃ってない状態から頑張ってチヌ師になるための自己記録

そういえばチヌ釣り・・・

最近、紀州釣りだフカセだ以前に、チヌ釣りに出かけてません


ひとえに釣りに行くタイミングが無いからですが
こうも無いと、全然安定してないウキ止めとかいろいろ体が忘れ去りそうで怖いですね


結索とかは仕掛け作りでやってるのでそんなに気にしてませんけども


そしてこの間のキス釣りがあまりに狙い通りにハマったもんだから、次回は単騎で船キス釣りに行こうかと画策してるぐらいです


キスは捌くのも簡単だし美味いしで言うことないですよね


キスの捌き方
1.鱗を落とす
(鱗取りがあると1分もかからず鱗がきれいに落とせます)

2.胸ビレと腹ビレが頭側に残るように包丁を入れる

3.そのまま尻尾まで中骨にそって身を切り離す

4.反対側も同様に処理する

5.内膜をきれいに洗って簡単三枚おろしの出来上がり

背開きにするときには3と4の工程がヒレごと頭を落とすだけのものになります
その場合、5からの工程が変わって・・・

5.中骨にそって背中側から両面とも切り離す
包丁は刃先だけを使って腹側の皮を残す

6.尻尾が残るように中骨を落とす

7.内臓や内膜をきれいに洗って簡単背開きの出来上がり


20匹以上捌くのに鱗取り含めて30分強でした
1匹あたり2分弱ですね
鱗取りが無いと鱗を取る時間だけで2分ぐらいかかりますので、あると便利な調理道具No.1です


出来上がったら氷塩水に投入しておき、最後にキッチンペーパーかなんかで水気をしっかり切っておしまいです


アラは血の気をしっかり取っておけばいい出汁になるそうですが・・・
正直、そこまではやってないです
20匹も捌くと疲れちゃって・・・