イグアナのフカセ釣り

道具も揃ってない状態から頑張ってチヌ師になるための自己記録

久々の陸釣り

今日は久しぶりに船じゃなくて陸で釣ってきました


猛烈な湿気の中、雨もほんの少しだけパラッと降る感じでした
体が濡れるほどの雨ではなかったので、湿度がさらに増すだけで済みました


そこまでは良いんです


今日は大餌に大物というコンセプトで、ルアーをやってきました


フカセでもダンゴでも無く、ルアーです


フック#2、1/32ozの丸頭ジグヘッド、3インチのシャッドテールワームでマゴチ狙いのチョンチョンアクションができれば良いなぁと思ってました


そこにホタルイカワームというなかなかなワームがあったんですが、2つ入りで450円と結構な値段だったので友人と1つずつ使うということで購入


そこに148円で元は550円の見るからにダメそうなサビキのスキンみたいな頭が水色の1.5インチワームも面白そうなので購入


釣り場には13時半ぐらいに着いたんですが、底引き漁の水揚げがあって魚河岸の真っ最中


市場前のポイントが使えなかったので、とりあえず適当なところでポイントを探りながらやってました


しかし・・・


さすが1/32oz、風も割とあったため底が全くわかりません
糸フケの具合で底をとってましたが、なにせ軽いので満ちる潮流、魚河岸から出る排水で簡単に流されてしまう状況


魚河岸のゴミのおかげで魚の活性は高いようで、友人の2.5インチのシャッドワームには食ってきましたが、こっちの3インチにはたまにアタリはあるものの全く良いとこなし


ジグヘッドも軽すぎなら、3インチというワームもどうやらベイトサイズより大き過ぎたようで全く釣れません


しまいにはノーシンカーで同じワームを投げてましたが、ジグが軽いのが良くない状況では何の改善にもならず


仕方が無いので、手持ちの#6、2gのダート用ジグヘッドに半ばお遊び半分に148円ワームを付けて投げてみると、何と1投目でタケノコメバル


同じ場所で少し投げてみるとまた釣れる


同じ場所で釣り続けるのも面白く無いので場所を変えてやってみるとまた釣れる


50メートルほど歩きましたが3メートルおきに釣れ続く爆釣ぶり


途中、ベイトフィッシュの姿が見えましたが、まさに148円ワームのサイズ


毎回釣らせてもらってるポイントですが、いつも以上に釣れた気がします


ただ、やはりワームが小さいので釣れるサイズも20cm以下
ひどいと5cmぐらい
ULロッドが曲がらないレベルの引きでした


10cm台後半のサイズだと全体で3、4匹あがった程度だと思います


そして魚種も全てタケノコメバル


ソイ、カサゴメバルはゼロ


今日は食べる魚を釣るつもりは無かったのでオールリリースでしたが、せめて冬の天狗堂ロックフィッシュダービーにエントリーできるサイズが1匹ぐらいは釣れて欲しかったです


たくさん釣れたんで楽しかったですけどね


さて、また来週も釣りに行けるといいなぁ
今度は新しいポイントを探しに行こうかな


使用タックル(これしか持って無いです)
ロッド: シマノ ソアレBB 706ULT
リール: ナスキー1000S
ライン: R18の白い箱のやつ 3lb

イサキ、混みすぎ!!

イサキ釣りたい、食べたいと思って有給取って船釣りに行こうと思ったわけです


友人も行くと言うことで、船を予約したわけです


混みすぎてるのでメバルカサゴ船になりました


船宿の駐車場に着くと、平日ど真ん中なのにもの凄い数の車
こちとら5:30出航の5:00集合の船で4:10着だったんですが、同時刻出航の船はほぼ満席


アレは酷い
天秤吹き流し仕掛けだろうに、オマツリも凄かっただろうなぁ・・・


さて自分たちの乗る船です
船中は船長、左舷に自分たち一行3名、右舷に1名


ほぼ貸切状態で釣ってました


朝一こそメバルやアジが釣れたものの、その後は豆サバの猛攻


ダブルは当たり前でシラサエビ、イカタン小女子の全てに貪欲に食ってきました


水深25mぐらいの底でヒットして上げてくると、水面まで追ってくるという貪欲ぶり


豆サバ、たぶん20は釣ってたと思います
数えてないし、キープゼロなので正確な数はわかりません


後半、水深50mぐらいのところでカサゴをやり始めたところ、サバの攻撃はなくなってカサゴが釣れ出しました


ここで痛感、自分の竿の酷さ


ライトゲームは柔らか過ぎるソアレBB 706ULですので、食い込みが悪い時でも食わせについては問題なかったんです


船竿はよくわからんホリデー80-240
食い込みが浅いアタリを弾く弾く


ハリスの扱いが悪いのもありますが、針まで食ってくれない、食わせられないんじゃ釣れません


ほぼゼロテンション状態で食わせきれないってどういうこと!?
カワハギじゃないんだし、普通に吸い込めるはず・・・


カサゴメバル合わせて10行ってないかな〜っていう具合でした


まず餌の付け方をもっと丁寧にってことだけは、毎度毎度ヨレヨレで上がってくるハリスに苦労したおかげでわかりました

夏なのに・・・

今年はホント、自分の釣りができません


なんかしら用事やら会社やら


まぁ、夏の盛りはサイズも小さいし、本番は秋だし


気楽に構えてはいますが・・・


平日の間に考えたことを土日に実行できないのは悲しいですね


それこそ矢作川にでも行こうかと思うぐらいです


川と言っても行くのは河口ですけど


中流域ならナマズがメインターゲットかなぁ


第二東名の下とか結構ポイントとしてはいい感じなのでラバージグとかで狙うといいかもしれません


ナマズはやらないけど

そういえばチヌ釣り・・・

最近、紀州釣りだフカセだ以前に、チヌ釣りに出かけてません


ひとえに釣りに行くタイミングが無いからですが
こうも無いと、全然安定してないウキ止めとかいろいろ体が忘れ去りそうで怖いですね


結索とかは仕掛け作りでやってるのでそんなに気にしてませんけども


そしてこの間のキス釣りがあまりに狙い通りにハマったもんだから、次回は単騎で船キス釣りに行こうかと画策してるぐらいです


キスは捌くのも簡単だし美味いしで言うことないですよね


キスの捌き方
1.鱗を落とす
(鱗取りがあると1分もかからず鱗がきれいに落とせます)

2.胸ビレと腹ビレが頭側に残るように包丁を入れる

3.そのまま尻尾まで中骨にそって身を切り離す

4.反対側も同様に処理する

5.内膜をきれいに洗って簡単三枚おろしの出来上がり

背開きにするときには3と4の工程がヒレごと頭を落とすだけのものになります
その場合、5からの工程が変わって・・・

5.中骨にそって背中側から両面とも切り離す
包丁は刃先だけを使って腹側の皮を残す

6.尻尾が残るように中骨を落とす

7.内臓や内膜をきれいに洗って簡単背開きの出来上がり


20匹以上捌くのに鱗取り含めて30分強でした
1匹あたり2分弱ですね
鱗取りが無いと鱗を取る時間だけで2分ぐらいかかりますので、あると便利な調理道具No.1です


出来上がったら氷塩水に投入しておき、最後にキッチンペーパーかなんかで水気をしっかり切っておしまいです


アラは血の気をしっかり取っておけばいい出汁になるそうですが・・・
正直、そこまではやってないです
20匹も捌くと疲れちゃって・・・

船キス釣り

今日は会社の仕立て船でキス釣りをやってきました


竿はダイワのアナリスター カワハギ 180(諸事情により10年前の型)
リールは15年前にバス釣りに使っていたバスワンにPE2号を巻いたもの
リーダーはフロロの3号
天秤は腕が12cmのパイプ天秤、誘導幅は5cm前後


仕掛けは支給品もオマツリによる仕掛け損壊のため使いましたが、基本的には自前を使いました


針はアスリートキス 8号
ハリスはフロロカーボンで枝 1号、幹糸は1.5号と2号の2つ
枝と幹の連結には回転ビーズを使ってます
上針はT型ビーズ、下針はパラレルビーズです


1番大きいもので24cm
総数は22匹でした


と言っても隣で上司が4〜5匹あげて自分のクーラーに入れてたので実際には17〜18匹ですね
上司は釣り時間のほとんどで竿を出さず、最初の時合いに少し釣っていたぐらいです


それでも竿頭みたいですけど


誘いは底をトントン5回叩いて10cm浮かせて少しステイ、そのあと浮かせたまま10回ちょんちょんして少しステイ
ひたすらこれをやってました


下を引きずるとメゴチしか釣れませんので、常に底は切ってました
チダイの稚魚も多く、浮かせてても外道は多少来ましたが、10cm程度の底切りができてればチダイではなくキスが食ってきましたね
多分、10cmよりも高くとってしまうとチダイの餌食だったように思います


食い気がある時は10回ちょんちょんの途中で食ってきました


とりあえず周りを尻目にちょこちょこ釣ってました
他にも先調子の自前竿を使ってる人はいましたし、なんならキス専用竿を使ってる人もいました


トモ寄りの右舷に座ってミヨシを見てましたが、みんなはあんまり釣れてないようでした
ちゃんと誘えばちゃんと食ってくるのに、特にアクションもかけずズル引きのまま、という人ばかりでした


1番ひどかったのはトモに座ってひたすら置き竿をやっていた人
席から斜めに投げるわ、底を切ってないもんだから周りとしょっちゅうオマツリするわ、やりたい放題
もしアレが部下だったら怒鳴りつけてるところです
知らない人なのでひたすら我慢してましたけど


前半の時合いは1投1匹のいいペースで釣れてました
後半になると反対の左舷側に群れがついたのか、こちら側のアタリはシブかったです
下げ止まりと思しき時間にはパッタリとアタリも無くなり、本日は11:30に納竿となりました


とりあえず、大物賞ももらえたしそこそこ数も釣れたので、今回は会社の仕立て船にしては概ねヨシとしておきます


今回の釣果(2匹さばいた後に写真撮ってます)

せっかくの有給なんだから!

有給休暇を取ってリフレッシュ、という御題目にそってイサキ釣りに行きました

同行してくれたのはいつもの連れと、大ベテランの方
今、まさにシーズンインしたイサキを狙って大山沖へいざ!


ビシは80号(ベテランの方より借用、もちろん船中購入可能、そもそも1つは船長からもらえる)
仕掛けの長さは特に何も指示が無かったんですが20人弱も乗ってますから、よほどの人じゃない限りショート仕掛けを使うでしょう


久しぶりの船釣りともあり、最初いろいろあたふたしてて錘の投げ込み時にロッドのティップがブレイク
予備の竿持ってきててよかった・・・
この竿に思い入れは特に無かったので折れてもなんとも思ってはいません
ただ、いち早く船竿を揃えるようにという貧乏神からのお告げかもしれません


隣に座っていたベテラン様にコツを聞き、そこからはなんの問題もなく釣りができました


しかし・・・


釣れん


豆サバとカタクチイワシが釣れてはいますが、竿には微塵も反応が出てきません
竿はそんなに柔らかいものじゃなかったので、竿先への反応がまるでないほど、それぐらいの小さいものが針に付いていたりしました


イサキの姿が全く見えません


大山沖から少し浅めに移動したところで30cmぐらいのカワハギをゲットするもそれだけ


また大山沖に戻ると、人によってはイサキが上がって来るようになりました
・・・が、


イサキ、釣れず


結局、12時にそのまま納竿


大敗北を喫する結果となりました


てか、ここ数回の船釣り全滅なんだけど、これはどういう事なんでしょうか
自分が下手なだけなら自分以外は釣れててもいいと思うんですけど、連れもゼロ、ベテランの方もゼロ
竿頭も一桁止まりて、船中に本命ボウズ続出


港へ帰る道中、ベテランに連れが言われたそうです
「あれは釣り運が無いんじゃないのか?」


陸では腕が運に勝てるのか、それなりに釣れております
イサキは釣り座を含めて運の要素も高いとは言え、1匹もあげられず凹んでおります

今週もカニ取り

元気にカニ取りへ行ってきました


何が良いって、食ったら最高なところが良いですよね


釣ろうと思ってもそうそう釣れるもんじゃないし


というわけで5時ごろに釣り場へ向けて走りましたが、夜がふけたほうがたくさん出てくるのでそれに合わせるため、別の港でちょっと釣ってました


そんな時はもちろんロックフィッシュ
ジグヘッドとワームだけ
楽で良いですね〜


昨シーズンは同じポイントで25cmのタケノコメバルをかけましたが、この日釣れたのは5cmと10cm
普通のメバルも5cm
ていうか5cmしかないのに1.5インチに食ってくるんじゃないよ・・・


友人は30UPのマゴチを抜き上げ時にバラしてました


そんなこんなで小魚たちに遊んでもらってたらいい時間になったので本命ポイントへ


・・・


・・・こ、これは


カニより人の方が多いじゃねぇか!!


肝心のカニは小さいし!!


先週よりも状態が酷くなってました


どんな名ポイントも人に知られたら駄目ですね
特に狭い漁港で有名ポイントのとなりだとほどほどに人はいないんですけど
有名ポイントに比べるとやっぱり釣れる匂いが薄いですから


ただ、小さい漁港そのものが有名ポイントになるともう駄目です
しかもテクニックのいらないカニ取り
見つける目が必要なだけ


なんともかんとも、悲しいお話でございました