イグアナのフカセ釣り(ルアーもやるよ!)

道具も揃ってない状態から頑張ってチヌ師になるための自己記録

釣り指南?ブログ巡りにて

自分のブログのような、フカセと銘打っときながらウキ釣りは紀州釣りと放置ウキしかやってない雑魚ブログは置いといて
(あくまで自分の日記用だから・・・)


釣りのアドバイスやら紹介やらしているところを最近は特によく見てるわけです
ライトショアジギングを始めたい、ということで調べまくってる状態


安い買い物じゃないですからね
しっかり調べます
なんならロッドの調子とかシマノにメールを送って聞いたりしてます


そこで先達の皆様方のブログを読むわけですよ
釣り歴こそ自分の方があっても、センスやら頻度やら自分よりも釣果や情報を持っている方は非常に多いですから、勉強になることの方が大半


ただ、あくまでも大半


少数ですが『よくこんなんで・・・』という人もいます
この人らはライトショアジギングとかフカセ釣りにおいては自分が未経験者なので間違いなく先達なんですが、その人達のライトゲームだとか船だとかその他釣り共通の事に関する説明は酷いときがあります


それでご高説しているのを見ると、自分はかくあるまじ、と省みてしまうレベルです
(実際、自分も酷いところはあるけども)


バックフラッシュとか矢射ちとか用語すらあやしかったり
Amazon楽天に紐付けの画像をペタペタ貼って解説、コメントをちょろっととか

『ライトショアジギングはルアーの重さ別に3g〜50gを用意!』ってそれ、竿が3本いるやんけ
その場合、リールも最低2つはいるし、ルアーもロスト対策に少なくとも2個ずつ用意するとなると結構な量だよ?


10gまではライトゲーム(またはスーパーライトショアジギング、人によっては15gのものも含まれる)
ライトショアジギングなら20g〜でしょうに
その上で、揃えるなら20gと40gとか30gと60gとかとりあえずは両極端に持っておいた方が有効だと思う


10g刻みだったり5g刻みだったりタングステンだったりなんか、初心者卒業してから持ちゃいいんです
細かい差なんて初心者の内はわかりません


かく言う自分もライトゲーム始めた当初、1gの違いだったり、レンジなんてものはわからなかったし


自分の場合、ライトショアジギングについては揃えるメタルジグの重さを40gで統一する予定


マッチザベイトも大切だけど、まずはメタルジグがベイトに成れるか、そこからスタートしないと
重さを分けて買って自分が扱いやすい重さを見つけるのもいいけど、そうなると使いにくい重さだったジグがもったいないので

メタルジグの釣りといえば

昨年末からかなり本気で考えているのは『ショアジギングをやろう』という目標
ちなみに、タックルは一切持ってません


持っているリールは番手が足りないので買わざるを得ず、持っているロッドは40g〜60gと言った重さを投げれられないので、これまた買わざるを得ません


リールは買うならこれ、と決めてあります
シマノのサステイン4000XGです


ロッドは悩みまくっててまだ決まってないんですが、
候補としては・・・
シマノから
コルトスナイパー S1006M
ネッサ(NESSA)CI4 S1002MH

ヤマガブランクスから
EARLY Plus 102MH


ネッサはレギュラーテーパーなので、個人的な好みからは外れるかなぁと思ってます
となるとコルトスナイパー かアーリープラスか

(2018/01/12 追記 ここから

ネッサ CI4 S1002MHは上記コルトスナイパーS1006Mよりもファストテーパーだそうです
というか、コルトスナイパーが基本レギュラーテーパーなんだそうで
できるだけ先調子のものが良かったので、ロッドはネッサで決まりですね

ここまで)


ヤマガブランクスは自分がブルーカレントを使っていて使い慣れてきたところなんですが、その良さをまさに実感しているところなんです
それでヤマガもいいなぁと思って候補に入れました
本音で言うとバリスティックの102MHやヒラ107Mですが、流石に高すぎて予算が出ません


ただ、タックルは最初にちゃんとお金をかけておかないと結果的には余計にお金を使うことになる、という釣りの教えは重要です


リールもロッドもハイエンドで揃えられればベストですが、ミドルクラスのタックルなら長いこと付き合っていけると思います
エントリーモデルだと数匹釣れて釣りがわかってくるともう使えませんね、間違いなく次が欲しくなってしまいます
やめる前提の釣りには1番いいんですけど


ちなみにヤマガブランクスのロッドで今使ってるのはブルーカレント 83TZ/LongCastです
よく飛び、よくしなり、よくわかる
最初はダートアクションのさせ方がイマイチわかってなかったんですが、それも慣れるとダートしてるのかしてないのかまでわかるようになりました


それまで使ってたシマノのソアレBB706ULTではこうはいかなかったですね
ソアレBBが3本買える値段なので当然の結果だとは思いますけど

波乱の年明け

今回は釣りに行ったわけでもなく、ただ書き留めておくために書きます


近年、年始に無事でいた試しがない


一昨年はカキにアタる

昨年は仕事初めを風邪で休む

今年は微熱と下痢で正月を寝込んで過ごす


酷すぎる


天候とか群れがないとかの釣り運が無いのは、年の初めからなんか厄を貰ってるのかな


それでも釣りはする


今年は黒鯛釣れるといいなぁ


その前に、何回ダンゴ投げれる日が来るかな

竿納め

釣りに行き、何も釣れず、寒いので納竿して帰りました


年の瀬、最後の1日まで自ら殺生しなくてもね


ボウズだし、短時間しかやってないし、本当に書くネタないです


明らかにナワバリから追い出そうとしてる魚のアタックを感じながら、ルアーを食いにくる魚を探すもおらず


今日も寒いし、こんなもんです


また来年も釣りに行けるように、日々頑張ろう

単騎遠征否定派

行ったことある場所だったり、餌で長時間同じ場所でやるだったり、船釣りなら単騎釣行もわからいでもないです


実際、自分も紀州釣りやる時は1人で行くし


でも、紀州釣りやる前にやれそうなポイントなのか、魚影はどうだとか、いろいろ見ておかないとなかなか難しいものです


一に場所、二に餌、三に糸(ハリス)の格言通り、場所も見ずに紀州釣りなんてできません
まだチヌも釣ったことのない下手くそなのでなおさら


それならルアーでランガンできた方がポイントを外しても修正が効くので、個人的には遠征は釣法に制限が無ければルアーで行きます


ポイントがある程度わかったらそこに1人で紀州釣りに行くなり、フカセをやるなりです


ルアーでランガンする場合、当然ながらポイント周りは全部歩くわけです
1人だと危険な場合もあります


見たことないポイントで、一周り歩いて、良さそうなポイントで足を滑らせてコケる


そう簡単に助けが来るとは限りません
その時に、連れがいれば少なくとも近くにはいるわけです


バラバラでポイントを探すよりも人間2人の目線で見た方がポイントの判断も的確になるし


そしてなにより


遠征の運転中に1人はなかなかしんどい


1人で行ける範囲は2時間くらいが限界かなぁ・・・
単独で四国一周旅行や南紀巡り行ってきたけど
やっぱり1人より2人3人の方が楽しいですね


なんでこんなこと書いてるかっていうと


昨日、今日と釣りに行く予定が全てポシャったから


愛知の海は冬の海
何も釣れない死の海です


田原の外洋サーフまで出れば釣りにはなるんでしょうけど
ショアジギングタックル持ってないからヒラメは釣れないなぁ・・・


(ライト)ショアジギングロッドで今狙ってるのはシマノのネッサS1002MかコルトスナイパーS1006M


流石にジグとか針と違ってTポイントでついでに買えるような値段じゃ無いので頑張ってお金貯めます

やってやったぜ

本日、メタルジグを投げてきました


そして見事アジをキャッチ!!



・・・小っさ!!


10cmないぐらいのアジ


アタリがあってアワセたのは良いものの、その後の引きはほぼ無く


重さ的に掛かってるのは間違いないので気にせず巻き上げました


針を外そうとしたら勝手に外れたので、写真を撮ったら速攻でリリース


ウチの奥様とのドライブがてらの釣りだったのでわずか1時間も無い釣りでしたが、かろうじてボウズは免れました


・・・ポイント選定というのもあるけど、紀州釣りよりよっぽど成績が良いウルトラライトショアジギング


使ったのはジグパラ マイクロ 3gのアカキン


アクションはトゥウィッチより大きく動かすショートジャークを2、3回やってフリーフォール


この場合、リールはフォール中に巻いてます
ロッドを沈降速度に合わせて下げるので、フォール中のアタリも拾えますし、ジグの横移動する距離が少なくて済むので長く探れます


フォールした後のババッというアタリにすかさずアワセたらリアフックに掛かってました


アシストフックは保険の意味だけ持たせた3Sサイズなので、小さいアジなら意味がなかったようです
ちなみにリアフックは#6のプラグ用シングルフックを付けてます


シングルフックは根掛かり対策で導入してます
ジグのサイズ的には#8なんですけど、手近で売ってる最小が#6だったので


実際、今回も根掛かりしてるんです
シングルフックだから根に食い込んで無かったのもあって簡単に外れました
トレブルフックだと1つ取れてもまだ1つ掛かってると取れません
それに、魚が釣れても手で持つことなく外しやすいのもメリットですね


あの後もアジのアタリはあったんですが、多分さっきのよりもさらに小さいのかアワセられませんでした


上から探ってみましたが何の反応もなかったので底をべったりに誘ってました


個人的には本命はカサゴだったんですが、手前を縦に誘ってもスレてるのか何の反応も無かったですね


魚じゃなくてエビだったかなぁ
エビのプラグあるけど、アレ高いからあんまり投げたく無いのが本音

カサゴ、爆釣・・・

爆釣だったのは朝5時〜6時までで、メバルもその時間しか釣れませんでしたね
サイズは概ね20cm〜
8本をキープして、一緒に行った親父と分けました


あとはひたすら10cmのカサゴが釣れました


メタルジグ 、投げてみましたがゴロタ石の底をガリガリやりつつも根掛かりもなく帰ってきました


ただ、ベールが上げきれてなくて投げる瞬間にベールが降り、ジグだけ飛んで行ったのが1回ありました


3gのジグを使ってましたが、流石メタルジグ
30mは余裕で飛んでます
風も穏やかだったので、ほぼ本調子の飛距離ですね


そんなメタルジグ 初心者に釣られるほど魚は優しくなく、一人旅に出たアレのロスト1のみという結果になりました


基本はフックを返し付きに変えたトラウトスプーンにシラサエビで際から5mまでの範囲を探る釣りで数を稼ぎました


トータル1人10匹以上は釣れました
それなりのサイズはスカリに入れて生かしておいて、キープ分以外は全部逃しました


スカリの中で落ち着いてたのか死んでるように動かない個体もいましたが、海に放したら全部すぐに底へ向かって泳いで行きました


今回、1番大きいもので25cm強といった具合
キープした中で1番小さいものは15cmでした


ワームでも釣れましたが、やはりエビのパワーは大きいです
エビならひと探り1匹ですが、ワームだと往復で探って1匹でした


やはり、お土産キープのために釣るときはエサ必須です
釣るのを楽しむだけならメタルジグ とワームだけで充分
メタルジグ 1個でイソメ1パック買えるけれども


さて、次の目標はメタルジグ で何かかけることですね
今回はアクションや投げた感触を確認することがメインで、釣れたらラッキーのつもりでした


今冬の間はメタルジグ とエビとワームで行きます
釣れたらここで釣れたジグを書いていきます


とりあえず、ジャッカルの小女子?型ワーム、クリアカラーは昼夜を問わず本当に釣れる
アイツは裏切らない
アレとガルプのインチホッグがあればどこでも何でも釣れる気がするぐらい信頼してます