イグアナのフカセ釣り

道具も揃ってない状態から頑張ってチヌ師になるための自己記録

結局、何もせず週末

これですよ
これ


ロッドケース、インプレ読んでて言われてた通り、がっしりしたタイプです
ティップカバーを付けてしまってた人がいましたが、確かにガイドの向きを揃えて仕舞うのが面倒
ロッドケースの中で片付けるときにバラバラするので、あった方がいいとも思います


なんだかんだ1万円超える竿ですから、自分みたいな貧乏性の人間はティップカバーを付けた方が安心できます


早く投げたいですね〜
矢作川でも衣浦港でもどこでもいいからやりたい


で、使うベイトリールなんですが・・・


今現在、一生懸命メンテナンスです


とりあえず今フグ釣り(カワハギも)に使ってるバスワンのグリス塗りと、Ambassadeurのオーバーホールをやりましたよ


20年物のバスワン、釣りの最中にクラッチがめちゃくちゃ硬くなり、ダメだったら買い替えるつもりで分解しました


意外に分解できるもので、メインギヤ部分は全部グリスの塗り直しができました


Ambassadeurはこの間左側をやったので、今回は右側です


古いグリスを拭き取って汚れを取り、新しいグリスを塗っておしまい


組み直すとクラッチが切れなくなるミスをバスワンでもAmbassadeurでもやらかしました


組み上げて試し巻きして、クラッチを切ろうと思うとガッチガチ


分解して一生懸命考えて、バネの位置やらギヤの向きを直して何とか元通りになりました


しかしこれで付いたオーバーホール出来るという自信の収穫は大きいですね
Abuのオールドリールは分解簡単だからできた芸当ですけど


バスワン(ちなみに右巻き)なんて左側の外し方わからなかったし



なんやかんやで実戦投入準備完了!


あとは適当なポイントで投げるだけ