イグアナのフカセ釣り

道具も揃ってない状態から頑張ってチヌ師になるための自己記録

フグ釣り

文化の日、金曜日、乗合船に乗ってきました


本当はフグ・カワハギ船だったんですが、カワハギは船中2,3匹しか上がってませんでしたね


フグも片舷14の大所帯、満員御礼だったのでずーっと水深9m前後のポイントで流してました


そりゃ、この人数で水深20m以上あるカワハギのポイントに行ったらオマツリだらけで釣りになりませんわ
潮も速かったし


ちなみに今日はトモから3番目か4番目の右舷にいました


すぐ隣の人が30cmぐらいの美味しいサイズのサンバソウをあげてたのは羨ましかったなぁ


人の少ない時に行きたいんですが、行けるのは土日祝日が基本なのでキビシイところ
有給使って行くしかないですね


もしくは雨降りの日


どうでもいいけど、支給仕掛セットを含めてロストが前回2個、今回は1個


2つ左の人は何個仕掛ロストしてたんだろう
ふと見ると常にオモリが付いてなくてハリも3本針のはずなのに2本針になってた気がしました
両隣もたまに根掛かって2,3個ぐらいはロストしてました


10年以上前のアナリスター180を使ってますけど、それでもそこがゴリゴリのところって言うのはわかります


ちゃんと岩の上にオモリを乗せてタルマセやらハワセをやらんと、そりゃ根掛かります
潮が速いのでハワセまでは出来なかったとは思いますが


ただ、仕掛をロストするほど攻めないと釣れない日だったのかも知れません


ベラ地獄のところはタルマセなんてやったら一瞬でベラが釣れますけどね
それどころかフォール中に掛かってました


その中でもちゃんと誰かにはカワハギが上がるんだから分かりません


道具がが悪いのもあるけれども鍛錬が足りません
食い上げに対応出来なかったのは、リールの巻き上げ速度が遅いんじゃなくて自分の手を速く動かさなかったから


もともと物事の飲み込みが早い方ではないので、どうやったら釣れたかを考えて、自分の中でブレイクスルーを起こさないといけません


そういう意味でいくと、今回の釣りは学ぶところが少なかったと思います
食い上げ対応とタルマセからのゼロテン対応
アワセたあとの巻き上げかたぐらいか
やっぱり人が多すぎるとロクなことがない


あとはステファーノが店頭に売ってないのはなんでなんだろう


持ち心地や曲がり具合を見ておきたいんだけど
今のところ中古でしかお目にかかれず、その中古もトップが補修済で参考にならず
しょっちゅう中古で見かけるけど8:2で乗せ調子のステファーノにでもしてみようか
2mのワンピースっていうめんどくさい長さしてるけど