イグアナのフカセ釣り

道具も揃ってない状態から頑張ってチヌ師になるための自己記録

だら釣り

たまには矢作川へ行って具合を確かめてみようと、日曜日に行ってきました


場所は中部電力碧南火力発電所のちょうど対岸


餌は青イソメ


仕掛けはセイゴフロート


オモリはジェット天秤


潮は上げ


セイゴが何匹かとハゼ1匹


釣ってた時間は17時ぐらいから19時半まで


欲を言えばハゼ、アナゴが良かったんですが、ハゼには餌をでかく付けすぎで、アナゴには時間が早かったですね〜


今回釣ったものは食べません


船釣りの餌になります


釣れない理由、釣れる理由、対象魚ごとの餌の付け方
ただの投げ釣りでも釣り方で釣れる魚が変わりますし、時間帯によっても変わります


釣りを始めた時、こんな投げ釣りですら状況判断や釣り方が分からなかったことが懐かしいです


分からないことが分かった時も釣りの醍醐味ですが、適当に投げておいてダラダラしながらセイゴでもかけるのも釣りの醍醐味


投げ釣りって楽しいですよね
ある程度は狙いを絞ってますけど、結局は何が釣れるか分かりません
まぐれ当たりの可能性の幅が広いのがいいところ


釣り場に行ったらルアーやるにしても1本だけぶっ込んでおくのは大切です
釣れればそこの生物相を把握する材料にもできますからね