イグアナのフカセ釣り

道具も揃ってない状態から頑張ってチヌ師になるための自己記録

モールド加工

メタルジグだったり、ジグヘッドだったり


とにかく釣具という物の中で最も消費するものが底を取るルアー


材料は鉛と針金だし
金型があれば楽々生産できるやんけ!


てなわけでいろいろ調べてみました


金型高っ!!


5,000円で揃うのはモールド用の枠だけ
金型も足すとトータル1万円が見えてきます


こんなら普通にジグヘッド買った方が安いですね
量産体制に入るほど無くすこともないのでコレはナシです


他に安い手段が無いか探すとすぐに出てくるもんです


シリコン型枠というものがありました


揃えるものは
旭化成 ワッカーシリコーン
・離型剤
・型取りブロック
・型取り粘土


これならポイントだけでも届くお値段!


次に手に入れる予定のシマノの船竿 舳 を買ったらかな


ただ・・・


実はついこの間、ヤマガブランクス ブルーカレント 83TZ LongCastを買ってしまいました
しかし、そのポイントはすでにウチの奥様の命令によりルーターへと変貌を遂げてしまいまして


今の釣具貯金もTポイントもゼロでございます


再びおとずれた冬の時代!!


耐えねば・・・


それはそうと、調べててついでに出てきたんですが、ワッカーシリコーンで型枠を取れば普通のハードルアーやワームすら作れるみたいですね


ハードルアーの材料はエポキシ樹脂液のエポキシレジン
ラトルを入れるなら片面ずつ作成になるので難易度が急上昇しますが、ラトル無しなら流し込むだけで作れます


ワームの材料は使ったワームを溶かすだけ


コレはマジでいいものかも!