イグアナのフカセ釣り

道具も揃ってない状態から頑張ってチヌ師になるための自己記録

イサキ、混みすぎ!!

イサキ釣りたい、食べたいと思って有給取って船釣りに行こうと思ったわけです


友人も行くと言うことで、船を予約したわけです


混みすぎてるのでメバルカサゴ船になりました


船宿の駐車場に着くと、平日ど真ん中なのにもの凄い数の車
こちとら5:30出航の5:00集合の船で4:10着だったんですが、同時刻出航の船はほぼ満席


アレは酷い
天秤吹き流し仕掛けだろうに、オマツリも凄かっただろうなぁ・・・


さて自分たちの乗る船です
船中は船長、左舷に自分たち一行3名、右舷に1名


ほぼ貸切状態で釣ってました


朝一こそメバルやアジが釣れたものの、その後は豆サバの猛攻


ダブルは当たり前でシラサエビ、イカタン小女子の全てに貪欲に食ってきました


水深25mぐらいの底でヒットして上げてくると、水面まで追ってくるという貪欲ぶり


豆サバ、たぶん20は釣ってたと思います
数えてないし、キープゼロなので正確な数はわかりません


後半、水深50mぐらいのところでカサゴをやり始めたところ、サバの攻撃はなくなってカサゴが釣れ出しました


ここで痛感、自分の竿の酷さ


ライトゲームは柔らか過ぎるソアレBB 706ULですので、食い込みが悪い時でも食わせについては問題なかったんです


船竿はよくわからんホリデー80-240
食い込みが浅いアタリを弾く弾く


ハリスの扱いが悪いのもありますが、針まで食ってくれない、食わせられないんじゃ釣れません


ほぼゼロテンション状態で食わせきれないってどういうこと!?
カワハギじゃないんだし、普通に吸い込めるはず・・・


カサゴメバル合わせて10行ってないかな〜っていう具合でした


まず餌の付け方をもっと丁寧にってことだけは、毎度毎度ヨレヨレで上がってくるハリスに苦労したおかげでわかりました