読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イグアナのフカセ釣り

道具も揃ってない状態から頑張ってチヌ師になるための自己記録

2泊1日?の三重遠征

しばらくぶりの陸釣りとなりました


今回はブラクリやらルアー釣りがメインでした
エサは活ウタセエビを用意


最初は定番ポイントに3時に着いたので、そこから朝まで流してみるも何も釣れず


他に釣り人はいるものの、エギングだらけで何も上がっていない様子でしたね


定番ポイントで初のボウズを食らい、近くの漫画喫茶で朝飯を食べて一時休憩


15時、次のポイントで釣りを始めるも、最も潮当たりの良い先端はエギングだらけ
4人か5人が5m四方の先端で釣りをしてましたね


エギングはやはり誰も釣れておらず


自分はというと、ワームでぴょこぴょこしてたらカサゴの小さいのが何匹か釣れました
最初のポイントでは全く反応は無かったのに、ここではしっかり釣れました


ウキ仕掛けでも適当に流しておいたらキタマクラが釣れましたね


なんせ釣れたものもあんまりパッとしないので全てリリースしました


晩飯を食べ、最終ポイントへ


あれだけいたエギングが1人もおらず、先客も電気ウキでのマダカ狙い?の人だけでした


コレは!と思い釣り始めるも、何の反応もなく


帰宅予定の22時半になったので帰ろうとしたところ、友人がミニマルでまさかのアオリイカ



これが今回唯一の収穫となりました


ミニマルで本当にイカが釣れるんだ、という再認識もさることながら、誰も釣れてなかったイカをこんな所でエギングやってない自分たちが釣れた事に笑えましたね


ミニマルについてはブリーデンのライトプラグで確認してください
カラーは白で釣れましたが、夜なので何でもよかったかも


ライズがあってシーバスかと思いミニマルをトレスしたらイカが追ってきたので、今度はイカ狙いで流したらヒットしたそうです


これ以上は反応が無かったので水面を照らしてみると、ものすごい量のゴカイ
今日がバチ抜けだったことを初めて知り、エビでろくにあたりがなかった理由がわかりました


毎回、エビ餌でいい思いをしていましたが、釣りはそんなに甘くない!ということを思い知らされた釣行になりました


やはり活き餌にしても、ルアーほどとは言わないけど複数種類を準備しておかないといけません
エビと青虫かな、用意するなら
釣りものによっては青虫とゴカイ
ユムシ、ボケは高いからいいや・・・