イグアナのフカセ釣り

道具も揃ってない状態から頑張ってチヌ師になるための自己記録

パワースイベルの存在価値

自分がフカセなりウキ釣りをやろうとするときは直結でやるので、サルカン(スイベル)にはあんまりお世話にはなりません
自分なりにこだわりなくツッコみます


パワースイベルの目的って、小さいスイベルで大きなパワーだと思うんです
投げ釣りで使うならスナップのついたタイプになりますか


そのパワーがなんで必要なのか
つまるところ、ラインブレイクやそれによるバラしに対応するためかと思います
あくまで自分の解釈ですけど


実際にスイベルを使う理由としては、仕掛け交換のしやすさとかヨリモドシの観点からスイベルを付ける、というケースがほとんどだと思います
糸ヨレはうっとうしいですからね


ただ、例えば0.8号(3lb)のラインでも平気で25cmのメバルをぶっこ抜きできるぐらいのパワーはあります
あんなに細くて、両手で引けばブチっと簡単に切れますが、強度は1.4kgあるわけです


ラインは魚のパワー程度で切れるものでもないのです
ただ、3lbのラインなら1.4kgを超える荷重がかかると切れます
その荷重が一番かかりやすいところはどこか


当然ですが結び目です
だいたいスイベルか針のチモトの結索部分で切れます
たかだかチヌやグレで糸よりスイベルの方が弱いなんて無いわけですよ


いやいや、スイベルがブッちぎれたことあるぞ!って言う人は、釣りが終わったら今後はスイベルのメンテをちゃんとするか、次回は新しいスイベルを使ってください
落ちてたのを拾って使ったスイベルがブッちぎれたことは自分もあります


ラインブレイクはしても、普通のスイベルが荷重に耐え切れずに千切れるなんてのはありません
なので個人的には、パワースイベルじゃなくて、滑らか回転抜群を売りにしてるスイベルを優先して選んだらいいと思います


回転性能最強スイベルってのがもしあったとして、あのタルの中にボールベアリングが入ってたら、一個いくらするんでしょうね
そんなのが出たら使ってみたい
0.3gから回転を始めます!みたいな


自作カン付ウキの強度維持とかだったら、パワースイベルを使って抵抗を抑えて、なんて十分ある話です


ちなみに一回だけ、針が伸びてバラしたことがあります

ワーム針だったのですが、軸が細くて明らかに柔そうなもの
やっぱり柔かったです
これはさすがに使い物にならないので残りは処分しました

針はちゃんと硬いやつを選びましょう