読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イグアナのフカセ釣り

道具も揃ってない状態から頑張ってチヌ師になるための自己記録

厳寒の三重遠征

釣りに行きたかったんです

魚の引きを楽しみたかったんです

と言うわけで有給の本日、三重に行ってきました

仕事を終えて夕飯を食べ、友人とともに愛知県は岡崎市を9時半過ぎに出発


道中、コンビニで最初の1匹が上がった時に飲む缶ビールを買い、えさきちで伊勢尼?の3号が付いた2本針仕掛とシラサエビを買い、意気揚々と現地へ


前日は風が強く、日付が変わってもあまり弱まる気配もなく
多少は前日よりマシという程度
コレはライトルアーでは厳しいと判断し、ブラクリ用スプーンにライトロッド、鱗海に電気ウキの2本だけを出すことにしました


釣り座を確保し、準備に取り掛かりますが、強い風と気温で寒いのなんの
結ぶといってもスナップサルカンをつけるだけなんですが、釣り用手袋を外すと手がかじかんでいつもの倍は苦労しました


まずは2本針仕掛にそれぞれシラサエビを付けて電気ウキを投入
スプールからフロートのナイロンラインが出るわ出るわ
根掛かりを避けつつ攻めるため、タナ決め無しのビシ無しで組んだので仕掛が沈むか不安でしたが、何とか馴染んでいった様子


ウキ仕掛はコマセを撒くわけでもなく放置竿で、本命はスプーンブラクリです
こっちもヒィヒィ言いながらスナップサルカンを付け、スプーンをセット
シラサエビを針に掛けていざ開始


順風と横風方向にはまだ投げれるんですが、逆風は前に飛ばないわ、多少飛んでもラインがたわんで何の情報も入ってこないわで、堤防の片面は釣りになりません


堤防は両側ともポイントなのに片側を天候で潰されたことで、まさかのボウズの文字が頭をよぎります


ただ、スプーンをキワに落として誘ったところアタリがあったので、その不安もすぐに消えました


そのまま攻めていると、風であおられている糸から再びアタリ!
軽くアワセると引き込まれるように竿がしなる!
早々に20cmぐらいのメバルをゲット!


そのまま鱗海をよく見るとウキが波に揺られるだけで流れていない
竿をあげて見ると、5cm弱のカサゴが付いてました


ボウズ逃れの祝杯をあげ、釣りを続けます


今度はスプーンブラクリでごろた石の上を大きくリフト&フォールしていること数投
風であおられる糸に負けてピクピク動いているライトロッドに、ドン!という重いアタリ
これはもらった、とばかりにアワセを入れると竿が一気に引き込まれるようにしなる!
バラさないよう丁寧にやりとりしてあげてみると25cmのメバル
良い型に喜んでキープ


メバルが続いているので今度は深めに攻めてみると、ずしっとくるアタリ
アワセを入れてあげたところ、21cmのカサゴ
カサゴは上げるまで抵抗してくる気がします
メバルは最初と最後に特に暴れる感じ


その後も2、3投に1匹という時合いに入ったようで何匹かあげつつ、小さいのと明らかに子持ちのメバルカサゴを海に戻したりした結果、今回のキープは5匹となりました



いや〜、釣れてよかったです
魚の引きもライトロッドのおかげで十分楽しめました


そしてより一層、寒くない夜の釣りをしたいと心を新たにしました



メバル 25cm



カサゴ 21cm



概ね20cm前後が5匹