イグアナのフカセ釣り

道具も揃ってない状態から頑張ってチヌ師になるための自己記録

キス釣りを頑張ってみる

今月の24日、船キス釣りを会社の催しで行くことになりました


社員総出というわけではなく、希望者のみで参加費ありです
釣り経験者も来ますが、たいがいは自分より下手な人
それこそ一般に言って上手いと言える人は乗ってるのかどうか怪しいところ
この間のカサゴ釣りもこれ


ただ、そんなことを言って腐っててもしょうがないので、できる限り思い切り楽しみたいと思っています


というわけで仕掛けから自作してみました

ラインは全てフロロカーボンを使用
二本針仕掛け
幹糸:1.5号 2号 3号
枝糸: 1号 1号 1.5号
針:アスリートキス 8号
全長:70cm
枝:上下とも10cm

天秤に繋ぐ部分はスナップサルカンです


そして今回、面白そうだったT型回転ビーズを仕入れて来たので、枝糸(エダス)の接続をこれにしてみました


なんと替え針ハリス差込口の間口が広いんです!


ウタセ真鯛の時に使った回転ビーズは差込口はまさに糸一本分
波に揺られてなかなか通らなくて苦労しました
糸の切り口も気にしておかないと糸がビーズに刺さりません


その点、これは差し口が指定されるものの差込やすいこの間口は素晴らしいと思います


上針がこれで、下針はもっと最新鋭です


なんとパラレルビーズで接続!
上と下の二方向から糸が一本ずつ通せるビーズです!


ビーズなのでサルカンみたいな重量もないし
差すところが違うだけで使い方は普通の回転ビーズと同じです
止める結び目だけ気を使ってますけど、その程度です


惜しむらくはカラーが黒ということ
クリアカラーが出たら、というか見かけたら速攻買いますね


上針も下針も回転すると言う構造が良いのかどうかはわかりませんが、浮力を考えるとほぼ糸と違和感ないと思います


普通のエダスも作っても良いんですけど、なんせ会社の釣りはオマツリが酷いのでハリスを切ることになると悲しすぎます


例の枝糸を止める奴も検討しましたが、あれ、なんか上手いこと結ぶのが難しそうなのでやめました
あっちだと幹糸に対して枝糸も固定できそうではあるんですが・・・


回転版と固定版のどっちが釣果がいいのかは正直な話、会社チャーターの釣り船では検証できません
理由は前述の通り


でもキス釣りに何回も行く予定もなし
行く金もなし(涙

カニの季節

例年通り、カニの接岸時期になりました
釣行カテゴリだけど、ルアー(ジグヘッド)は1投で根がかってロストしただけと言う悲惨な具合です


今日のメインはカニ取りなわけですよ
モクソガニやガザミやなんかが普通にタモで取れるので、そのカニをふんだんに使ってイタリアンなんかをやったりしてます


写真撮る前に茹でて冷凍しちゃったので画像はありません


でも、例年より接岸が遅いですね
来週がピークかな?


明日の夜にはカニの何とかパスタになってます


出汁をしっかり取って、ニンニクを少し効かせて、塩胡椒で味を整えたら出来上がり!


トマト缶があれば生クリーム買ってきてクリームパスタだし、無ければそのままコンソメパスタ


これを書いてる今現在、午前2時
お腹減ってきた・・・

なんでや!!

先週は風邪で寝込んでたので釣りに行けませんでした


ようやく今週!
やっと釣りに行けると勇んでみたものの・・・


金曜日から吹き続ける強風止まず


『天気晴朗なれど波高し』


置き竿と紀州釣りで釣れたのは置き竿に5cmのハゼ1匹


友人が型の良いキスを2本あげて以上終了


流石に延べ竿でも無いので5cmじゃ引きを楽しむとかそんなん何もありませんでした


相変わらず釣り運が無さすぎる・・・


これで明日の月曜日は穏やかなポカポカ陽気とかいうオチが付くんですよ、結局

チニングのために

ロッドは今のライトロッドを買い替える予定なので、そこでチニング対応までできるロッドを新調するとして


リールはデスピナを転用する予定です


ただC3000という大きさのため、またいちいち紀州釣とチニングで巻き替えるのも手間ということもありシマノの夢屋スプールを検討しています


1500番のスプールがあり、標準が2500のリール対応ということでナチュラルにシャロースプールになってます


とりあえずは竿は置いといて、スプールだけ揃えてからチニングになりますね
竿は今のライトロッドを使うので、タックルバランスはめちゃくちゃ悪くなります(笑)


で、肝心のラインですが、ポイントを使って実費400円弱でこんなん買いました


リーダーはフロロの2号ハリス、1.5号ハリスそれぞれあるので、とりあえず2号をFGノットで繋いでおけば事足ります


第一精工のノットアシスト2
これホント使える
ホンマもんの結び方はクソ面倒ですが、釣り場でも適当に5分足らずでそれができてしまう
ノット部分の長さ調整も自由自在


あのぐるぐる回すノットより結んでる感もあるし、すっぽ抜けたこともないし
電車結びで連結してる人は是非こちらを試してほしいです

ダンゴのタネを作ったよ!!

ちょうど昼ごろ、鼻水垂れまくりのため病院に行く前に作りました


ヌカと砂の割合は3:1
アミエビも足してダマにならないよう混ぜて、ダンゴになるよう水を足して・・・


完成しました


病院へ行って戻ってきた後、勢い勇んでいざ釣り場へ


釣り座になりそうなところは〜・・・まだ空いてる!


車から荷物を出しながら最終確認
そこであり得ない事実に驚愕しました


・・・刺し餌がねぇ!!


あり得ないミスにやる気を一気に失い、そのまま帰路へ


どこか近場で買えるとは思うんですが、この時は風邪のせいもあったのかもしれません


まさかその翌日に39度の熱が出るとは、当人も全く予想しておりませんでした
今日はひたすら38度前後でした


昔はこんなに病弱だったかなぁ

今シーズンの目標 ルアー編

エサ釣りの目標はダンゴでチヌ 1枚というものですが、ルアーの目標を何も立ててなかったので立てておくことにしました


目標:今シーズン、ルアーでチヌを 1枚


・・・という感じで、今はチニング用品を揃えております


年無しを釣ろうという気概はありませんので、ライトロッドでぼちぼちやって行きます


とりあえずワームはエコギアの活チヌとジャッカルのベビードラゴンを買い、あとは名古屋マルハンで安売りしてたダイワのチヌ魂とそのシリーズのラバージグを買いました


ヤフーショッピングでも今現在ちょこちょこ見繕ってはいますが・・・


これ全部ロスト前提で揃えているという悲しみ


ルアーである限りロストは付きものですが、チニングの場合はロストが基本(チニング初心者は特に)という情報しか入って来ません
釣具屋にも、ロストは基本と言われてしまいました


ズル引きが基本のようですが、柔らかめのロッドで10gでも投げてれば底は取りやすいので根も避けやすいと思います


でも、実際に使う重さは1.5g〜3.5gです
ライトロッドでそのままチニングをやろうとしてるからという事もあるし、軽い方がやはり食いも違うそうなので、下手くそはやはり食いの良い方を選びたいです
そうなるとやはり根掛りは覚悟してジグは多めに揃えないといけない、ということになるわけです


普段から根魚狙いで使ってるジグは主に1〜2gなので底ちょんちょんで根を避けながら釣れるはず
それこそ3.5gもあれば無風で40mは飛ぶと思うので遠投性もまぁ問題ないでしょう


あとは3lbの糸がチヌに耐えられるかという話だけです
強度は1号無いですからね
ドラグを丁寧に調整はしますが果たしてどうなんでしょう
バラしそうな気がものすごくする

仕掛メモ

道糸(ウチのリールはフロロ)
重量の軽い中通しウキ(浮力はBで十分)
シリコンないしゴムビーズ
ウキ止め(針上30cm以上)
ジグ針


高いフロート何ちゃらとか売ってますけど、ライトロッド仕様はこれなら安く収まるんじゃないかな?


ジグ針にはイソメやバチパターン、適当なストレートワームを付けとけば表層はこれで攻められる!!


リールやスプールに替えはないので道糸はフロロカーボンラインだし、あくまでも攻める釣りにのみ対応かな


今まで上を攻めようと思うと軽いリグかフォールスピードのおっそいジグヘッドしか選択肢が無かったのですが、これなら行ける!


あとは3gぐらいのウキを探すだけなんだけど・・・
ウキって意外に重いんですよね